'神に従う' というタグの付いた記事

  • 決断、決断

    サムエル記上・下巻にあるダビデ王の物語の朗読を聞いていた時のことです。新たなことが持ち上がるたびに、ダビデが必ずと言っていいほど行っているように思われる、非常に顕著なことが1つありました。彼は、状況が少しでも変わると、まず神にどうしたら良いかを尋ねたのです。

    著者:マリア・フォンテーン

  • キリスト教を生きる:神への従順がもたらす祝福

    私たちは誰もが、道徳的なものも道徳とは無関係なものも共に、日頃から決断を迫られています。たとえば、レストランでどんな料理を注文するか、寝室の壁を何色に塗るか、新しい手袋を買うべきかどうか、といったものは、道徳とは無関係な決断です。

    著者:ピーター・アムステルダム

  • イエスが語った物語:費用の計算(ルカ14:25–33)

    ルカの福音書14章には、弟子となることについてイエスが言われた最も厳しい言葉の幾つかが含まれています。たとえば、盛大な宴会のたとえ話[1] では、神との交わりに入るようにとの招きよりも個人的な関心を大切にする人たちのことが語られています。

    著者:ピーター・アムステルダム


  • 光景の中に人の心を見る

    夢を見ました。私と他に数人が、今まで一度も行ったことのない場所を歩いていました。どこか広い公園のような場所を探索しているかのようでした。岩だらけの荒れ果てた、半ば砂漠のような土地です。大きな洞穴を見つけると、それは何かのアトラクションになっていました。

    著者:マリア・フォンテーン

  • 3つのリマインダー

    現代社会でイエスに従う者として生きることは難しい課題ですが、私たちの思考や行動や毎日の日々が神の御旨に沿った原則に導かれている時には、舵をとって進むのがもっと楽になります。

    著者:ピーター・アムステルダム

  • 新年--その喜び、充実、幸せ

    私たちは皆、信仰や人間関係、仕事、精神面などにおいて前進するための、数えきれない機会と可能性をもってこの一年を迎えます。当然、どの分野においても、進歩を遂げるには、決意‥‥

    著者:ピーター・アムステルダム


  • サマリアのチャレンジ

    あなたは難題に面して、自分には今まで思っていた以上の力があるとわかった時に得られる満足感が好きではないですか? 自分の努力の成果を見るのは、素晴らしい気分です。

    著者:マリア・フォンテーン

  • 一人のヒッチハイカーが、いかに国を変えたか

    神が聖書に含められた数々の出来事は、非常に広い範囲に渡るため、その生涯について描かれた人たちが何を考え、どんなことに思いを巡らせていたかといった事柄について、あまり詳しい説明を記すことはできなかったのでしょう。

    著者:マリア・フォンテーン

  • TFIの主要理念:多様性と革新

    すべてあなたの手のなしうる事は、力をつくしてなせ。霊の賜物は種々あるが、御霊は同じである。 務は種々あるが、主は同じである。働きは種々あるが、すべてのものの中に働いてすべてのことをなさる神は、同じである。

    著者:ピーター・アムステルダム


  • TFIの主要理念:弟子であること

    それから、みんなの者に言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」。互に愛し合うならば、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての者が認めるであろう。

    著者:ピーター・アムステルダム

  • 泥と宮殿

    様々な形で夢の実現を目の当たりにするような、素晴らしい時ばかりの人生だったらいいのにと思ったことはありますか? 何か新しいことを学んでいるとか、あなたにとって重要な何かで進歩を遂げているとか。‥‥

    著者:マリア・フォンテーン

  • 主が実例で示されたこと

    聖書で、イエスは父なる神にこう言われました。「あなたがわたしを世につかわされたように、わたしも彼らを世につかわしました。」‥‥

    著者:マリア・フォンテーン


  • ドライブ

    マリアが最近、私たちの旅行中に出会ってトラクトをあげた、レンというタクシー運転手について記事を書きました。その記事の中で、マリアはその日、旅程に遅れていたことに触れました。

    著者:ピーター・アムステルダム

  • 型破りな方法が神の計画にかなうとき

    通常期待されている常識の殻を破る行為は、慣例に従っていないとか風変わりだと見られがちですが、そういった型破りな人々や方法は、人生をより良く変えるパワフルなインパクトを持つこともあるのです。‥‥

    著者:マリア・フォンテーン

  • 愛し、生き、宣べ伝え、教える:結び

    弟子としての4つの要素である「主を愛する」、「主の教えに生きる」、「主を宣べ伝える」、「主について教える」を話していく中で、私は、活発なクリスチャン、つまりキリストの弟子であることの原則に重点を置いてきました。‥‥

    著者:ピーター・アムステルダム


  • クリスマスに神に従う

    こんにちは、皆さん。ピーターと私から、皆さんにとびきり幸せなクリスマスを願って、挨拶を送ります。

    著者:マリア・フォンテーン

  • 神はどれだけ気にかけておられるのか

    最近、ほんの1週間の間に3人の人が別々に、3つの関連しあった事を話しているのを聞いて、神が私の人生にどう関わり、関与しておられるかを考えさせられました。・・・

    著者:ピーター・アムステルダム